日本でCBDは合法?

CBDはTHCと違い、非精神活性成分であるため日本でも合法です。METASU(ミタス)は法律に基づいた検査基準に達した安全なCBDを使用していますので、安心してご利用いただけます。しかし近年では、THCの摂取を法律で認めている国も増えているため、海外で販売されているCBD製品の中にはTHCが...

もっと読む

CBD製品の摂取方法とは?

CBD製品の代表的な摂取方法には、気化吸引(VAPEのように気化したものを口から吸引する方法)、経口摂取(CBDを含んだ食べ物や飲み物で摂取する方法)、経皮吸引(オイルやジェルを皮膚の上に塗ることで摂取する方法)があります。弊社のフレグランスオイルは経皮吸引にて使用をお願いします。決して直接口...

もっと読む

METASU(ミタス)の透明性・安全性について

弊社の取り扱うCBD原料は、日本にて禁止成分であるTHCを含んでおりません。米国Canabanix社、または米国GROVE INC(グローブホールティングス社)のオーガニック原料を使用しております。また、原料は米国の成分検査機関であるsc Labsにて成分分析試験を行い、THC成分未検出の報告...

もっと読む

ヘンプと大麻草の違いとは?

ヘンプと大麻草はどちらも、カンナビス・サティバというアサ科アサ属の植物です。一番の大きな違いは、ヘンプは樹脂が少ないのに対して、大麻草は樹脂を多く含みます。一般的な使用ケースでいうと、ヘンプは繊維や種子のために栽培されるもので、車の部品から食用油、衣類からボディクリーム等に利用されており、一方...

もっと読む

エンドカンナビノイド・システムとは?

エンドカンナビノイドシステム(内因性カンナビノイドシステム)は通常「ECS」と呼ばれます。カンナビノイドの化合物を体内で作り出し、ヘンプや大麻草に含まれるカンナビノイドを処理することが可能な肉体のシステムです。私たちの体内では、ECSが休まず稼働しており、体全体のホメオスタシス(恒常性)(ホメ...

もっと読む

カンナビノイドとは?

カンナビノイドとは、医療効果のある活性化合物で、大麻にもヘンプにも含まれています。カンナビノイドは、人体がバランスを保つのを助け、体内で産生される内因性カンナビノイドに似た機能を持っています。100種類以上存在するカンナビノイドの中で、一番有名なカンナビノイドはTHCですが、近年になって、精神...

もっと読む

CBDとTHCの違いとは?

CBDとTHCの大きな違いは、CBDは多幸感を生まない、つまりハイにならず、精神に悪影響を起こしません。そのため、CBDは、日本の法律で使用が禁止されているTHCとは異なり、合法になります。

もっと読む

THCとは?

THCとは、テトラヒドロカンナビノールと呼ばれる、大麻草の樹脂線の中にできる、人体へ精神作用ををもたらす化合物です。国立衛生研究所(NIH)によると、THCは脳内の、思考、記憶、快感、他人との協調性、時間認識などを司る部位に集中して発現する、カンナビノイド受容体と呼ばれる特定の受容体と結合しま...

もっと読む

CBDの摂取により得られる可能性がある効果とは?

CBDを摂取することで、ECS(エンドカンナビノイドシステム)の増強に繋がります。体が十分な量のエンドカンナビノイドを産生しない、あるいはエンドカンナビノイドを適切に調節することができないと、ECSが統括する複数の体機能に影響する疾病に陥りやすくなります。片頭痛を始めとする様々な自己免疫疾患、...

もっと読む

CBDとは?

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草とヘンプに含まれる活性化合物であるカンナビノイドの一種です。人間をはじめとする、多くの生物の体内には、CBDを利用する臓器や器官があり、体がもともと持っている機能とスムーズに連携し、単なる症状緩和にとどまらず、体が自らを癒すのを助ける作用があります。CBD...

もっと読む