FAQ

カンナビノイドとは?

投稿者 : WIPinc on

カンナビノイドとは、医療効果のある活性化合物で、大麻にもヘンプにも含まれています。カンナビノイドは、人体がバランスを保つのを助け、体内で産生される内因性カンナビノイドに似た機能を持っています。100種類以上存在するカンナビノイドの中で、一番有名なカンナビノイドはTHCですが、近年になって、精神作用を起こさずに治療効果をあげるCBDが、一般人や科学者の間でともに注目を集めています。

続きを読む →


CBDとTHCの違いとは?

投稿者 : WIPinc on

CBDとTHCの大きな違いは、CBDは多幸感を生まない、つまりハイにならず、精神に悪影響を起こしません。そのため、CBDは、日本の法律で使用が禁止されているTHCとは異なり、合法になります。

続きを読む →


THCとは?

投稿者 : WIPinc on

THCとは、テトラヒドロカンナビノールと呼ばれる、大麻草の樹脂線の中にできる、人体へ精神作用ををもたらす化合物です。国立衛生研究所(NIH)によると、THCは脳内の、思考、記憶、快感、他人との協調性、時間認識などを司る部位に集中して発現する、カンナビノイド受容体と呼ばれる特定の受容体と結合します。THCによる「ハイ」の状態は、空間の感覚の変化、食欲増進、短期記憶能力の障害、幸福感、ときにはだるさなどの、さまざまな作用を引き起こすため、日本では法律により使用が禁止されています。

続きを読む →


CBDの摂取により得られる可能性がある効果とは?

投稿者 : WIPinc on

CBDを摂取することで、ECS(エンドカンナビノイドシステム)の増強に繋がります。体が十分な量のエンドカンナビノイドを産生しない、あるいはエンドカンナビノイドを適切に調節することができないと、ECSが統括する複数の体機能に影響する疾病に陥りやすくなります。片頭痛を始めとする様々な自己免疫疾患、繊維筋痛症、過敏性腸症候群などは、その根幹原因がECS欠乏症にある可能性があります。少量のカンナビノイドを摂取することで、体内で自然に産生されるエンドカンナビノイドの量やその受容体が増加する可能性があるため、CBDを定期的に少量摂取することで、ECSの増強に繋がりECS欠乏症を防げる可能性があります。

続きを読む →


CBDとは?

投稿者 : WIPinc on

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草とヘンプに含まれる活性化合物であるカンナビノイドの一種です。人間をはじめとする、多くの生物の体内には、CBDを利用する臓器や器官があり、体がもともと持っている機能とスムーズに連携し、単なる症状緩和にとどまらず、体が自らを癒すのを助ける作用があります。CBDはTHCと異なり精神作用がないため、合法であり、近年、世界中で注目を集めています。

続きを読む →