FAQ

日本でCBDは合法?

投稿者 : WIPinc on

CBDはTHCと違い、非精神活性成分であるため日本でも合法です。METASU(ミタス)は法律に基づいた検査基準に達した安全なCBDを使用していますので、安心してご利用いただけます。しかし近年では、THCの摂取を法律で認めている国も増えているため、海外で販売されているCBD製品の中にはTHCが含まれるものも見られますので、ご注意ください。

続きを読む →


CBD製品の摂取方法とは?

投稿者 : WIPinc on

CBD製品の代表的な摂取方法には、気化吸引(VAPEのように気化したものを口から吸引する方法)、経口摂取(CBDを含んだ食べ物や飲み物で摂取する方法)、経皮吸引(オイルやジェルを皮膚の上に塗ることで摂取する方法)があります。弊社のフレグランスオイルは経皮吸引にて使用をお願いします。決して直接口に含まないようご注意くださいませ。また、弊社フレグランスオイルのさまざまな使用用途はホームページにて掲載しております。ご興味をお持ちの方はぜひご覧くださいませ。  

続きを読む →


METASU(ミタス)の透明性・安全性について

投稿者 : WIPinc on

弊社の取り扱うCBD原料は、日本にて禁止成分であるTHCを含んでおりません。米国Canabanix社製のものを使用しております。原料は、成熟した茎・種子の部位よりCBD成分のみを抽出したものであり、フルスペクトラム製法やブロードスペクトラム製法ではなく、一般抽出法による純度99.7+%のピュアCBDアイソレート(結晶)になります。また、原料は米国の成分検査機関であるsc Labsにて成分分析試験を行い、THC成分未検出の報告を受けた製品であるとともに、原料を日本国内への輸入の際は、厚生労働省の指示の下、必要書類を税関局へ提出し正規通関手続にて輸入を許可された原料を使用しております。

続きを読む →


ヘンプと大麻草の違いとは?

投稿者 : WIPinc on

ヘンプと大麻草はどちらも、カンナビス・サティバというアサ科アサ属の植物です。一番の大きな違いは、ヘンプは樹脂が少ないのに対して、大麻草は樹脂を多く含みます。一般的な使用ケースでいうと、ヘンプは繊維や種子のために栽培されるもので、車の部品から食用油、衣類からボディクリーム等に利用されており、一方大麻草は医療用として利用されております。弊社製品は品質規格保証のされた米国産のヘンプを使用しておりますので、安心してご利用いただけます。

続きを読む →


エンドカンナビノイド・システムとは?

投稿者 : WIPinc on

エンドカンナビノイドシステム(内因性カンナビノイドシステム)は通常「ECS」と呼ばれます。カンナビノイドの化合物を体内で作り出し、ヘンプや大麻草に含まれるカンナビノイドを処理することが可能な肉体のシステムです。私たちの体内では、ECSが休まず稼働しており、体全体のホメオスタシス(恒常性)(ホメオスタシスとは、体外の環境の変動にかかわらず体内の環境が一定に保たれること)を維持しています。つまり、外部から肉体的・感情的・心理的なストレスを受けたときに体内のバランスを取り戻すと同時に、肉体的な快感、活力、健康状態を調整するという主要な機能を司っています。

続きを読む →